プラスナノHQ 使用方法 赤み

緊急速報!

限定54%off >>【プラスキレイ】

プラスナノHQで赤みがなぜ出たの?!正しい使い方で上手に効果を出す!

 

プラスナノHQは効果があるという口コミが沢山ある中に、時々赤みが出てきてしまったという人がいるんですよね。
それは単にプラスナノHQがその人の肌に合わなかっただけなのでしょうか?

 

 

実は,口コミの中にはパッチテストでは大丈夫だったのに、使用していると赤くなってしまったという人もいるのです。

 

そこで疑問に思ったのはこんな点です。

 

  • 赤みはプラスナノHQを使っている人全員に起こりうることなの?
  • それとも間違った使用方法や正しい使用方法があるの?

 

購入者の中には、魔法のクリームみたいに思っている方もいて、プラスナノHQはただ気になるところに塗ればいいと思っている方もいるんですが、実際はそうではないんです。

 

しっかりとした使い方を学べば、だれでもより効果を引き出せるはずだと思っています。

 

>>プラスキレイ ハイドロキノンの詳細

 

 

 

赤みをださないための使用方法とポイント

 

プラスナノHQにはしっかりとした使用方法がありますので、まずは使い方をチェックしてみますね。

 

使い方の順番としては、

洗顔→化粧水→美容液または乳液→クリーム→プラスナノHQが基本です。

 

 

最近は1つでスキンケアを済ませることができるオールインワンゲルも人気ですよね。
オールインワンゲルを使っている方の場合は

オールインワンゲルの後にプラスナノHQを使います。

 

まずはこれがポイントで、
この使用方法を間違ってしまうと、ハイドロキノンの効果が出すぎてしまうことがあります。
その結果赤みなどの肌荒れを起こしてしまうこともあるのです。

 

 

またプラスナノHQは顔全体にまんべんなく塗るのではなく、気になる部分に米粒くらいの量をポンポンとなじませることが使用方法のポイントです。

 

シミなど気になる部分ではないところにプラスナノHQがついてしまうと、赤みやひりひりの原因になることがあります。
もし、手でつけるのは抵抗があると言う方であれば、綿棒を使うとつけやすいですよ。

 

いつものお手入れに加えるだけなので簡単とも言えるでしょう。

 

 

もうひとつの重要なポイント

使用方法のポイントは他にもあります。

 

プラスナノHQに配合されているハイドロキノンは紫外線にあたるのは厳禁な成分です。
なので出来れば使用する時間帯には夜寝る前につけることをオススメします。

 

 

使用方法には「朝と夜の2回つける」となっていますが、私の周りでプラスナノHQを使用している人は夜だけという方が多いです。
昼間につけるのは絶対にダメなことではありません。
もし昼間もつけたいという方は、外出する時には必ず日焼け止めを塗るようにしてください。

 

 

プラスナノHQの効果を引き出す裏技

使用方法にプラスしておきたいポイントはまだあります。
それはプラスナノHQを塗った後、その上からラップをするという方法です。

 

 

そうすることで夜無意識のうちに手で顔をこすってしまっていても、取れることはありませんから最大限に効果が引き出せる付け方なんですよね。

 

もしラップだと取れてしまって心配だという方は、絆創膏やフィルム状の保護フィルムがいいかもしれません。
薬局やドラッグストアでも簡単に入手できるので、自分に合うものを試してみてくださいね。

 

 

赤みは実は効果がでている徴候の可能性もあるんです

使用方法も間違っていないのに赤みが出てしまったと言う人の口コミの中に、気になるものがあります。
それは痛みやかゆみは出なくて、赤みだけが出てしまったという口コミです。

 

 

かゆみがなかったので使い続けていくと、プラスナノHQを塗ったところの皮が少しずつむけて、シミがなくなったと言うのです。
プラスナノHQを塗っていくうちに赤みがなくなり、皮膚もむけることなくシミが薄くなったそうです。

 

 

注意しなくてはいけないのは、炎症がひどくかゆみや痛みが伴った場合は使用を中止するべきだということです。
使用方法をよく理解し自分の判断するだけでなく、ちょっとマズイかも?と感じた時には医師に相談しながら使う方がいいかもしれませんね。

 

 

プラスナノHQは女性の気になる色素沈着やクマにも効果があるの?

女性に肌の悩みは何ですか?と聞くと、シミやしわと答える方が多いのではないでしょうか。
しかし、意外に多くあがる声の中に色素沈着やクマに悩んでいるという声があるんです。

 

プラスナノHQはシミを消すことができると口コミで人気なのですが、
クマや色素沈着に悩む女性にプラスナノHQは効果があるのでしょうか?
今回はそんなクマ・色素沈着の問題に着目してみましょう。

 

>>プラスキレイ ハイドロキノンの詳細

 

 

クマには種類がある

 

クマや色素沈着ってよく美容雑誌などでも目にすることありますよね。
けど以外と知られていないのですが、クマには種類があるのはご存じでしょうか?

 

その種類によっても対処方法は変わってしまうのです。
もしかしたらプラスナノHQの効果にも差が出てくるかもしれませんよ。

 

自分のクマはどのクマなの?簡単な見分け方

目の下のクマには「青クマ」「黒クマ」「茶クマ」に分けられます。
これ自分はどのクマに当てはまるのか調べることができるのです。

 

その方法とは目尻を優しく横に引っ張ってみてください。
その時チェックするのはクマの状態です。

 

皮膚が引っ張っても動かない時は青クマです。
皮膚を引っ張るとクマの色が消えて見えなくなるのは黒クマです。
そして皮膚と一緒にクマも引っ張られるものは茶クマなのです。

 

青クマは疲れや睡眠不足から目元が血行不良になり発生してしまいます。
黒クマは加齢によるたるみやシワにより発生するのです。
そして茶クマは色素沈着が原因と言われています。
茶クマの原因となる色素沈着は、目元の皮膚が弱いのにゴシゴシと洗っていたりすると発生するようです。

 

プラスナノHQはクマにも効果はあるのか?

 

プラスナノHQはシミはシミでも効果があるものとないものがあるようです。
例えばイボ状に盛り上がったシミやほくろ・あざ・そしてクマです。

 

今挙げた例のものはメラニン色素以外の要素が関係してできたものです。
なのでハイドロキノンの効果が期待できないという訳なのです。

 

しかし、ここで朗報です!
クマはクマでも茶クマにはプラスナノHQの効果があるようなのです。

 

なぜかというと茶クマは先ほどもご紹介したように色素沈着が原因でできたものが多いのです。

 

色素沈着はゴシゴシ洗ってできてしまう他にも紫外線が当たることで広がることも考えらます。
その場合はメラニン色素が沈着していることが多いので、プラスナノHQに含まれるハイドロキノンが効果を現すことができるのです。

 

プラスナノHQを夜寝る前に塗ることをオススメします。
肌は寝ている時に生まれ変わろうと活動を開始します。
その時にこのプラスナノHQの中に含まれるハイドロキノンのパワーがより発揮できるからです。

 

ここで注意が必要なのはプラスナノHQを塗っているからと言って、それだけでいいと思わないことです。

 

ハイドロキノンという成分は直接日光を浴びると色素沈着になってしまう可能性があります。
ハイドロキノンが多く含まれるプラスナノHQはより注意が必要なのです。
外出をする際は日焼け止めを塗るようにしてくださいね。

 

せっかく茶クマがなくなったのに、違う場所に色素沈着が出来てしまっては本末転倒です。
注意して使用すればプラスナノHQは効果絶大です。
茶クマを気にしてコンシーラーを沢山使用していたという方は是非一度試してみてくださいね。

 

黒クマ、青クマの改善方法

黒クマや青クマで悩んでいる方にワンポイントアドバイスです。
黒クマや青クマは消すことは難しいと言われています。

 

しかし、日々の生活で改善する可能性があります。
青クマは目元の血行をよくすることで改善できます。

 

蒸しタオルと冷たいタオルを交互に当てることで血行を促進してあげるのです。
黒クマはたるみを改善することでなくなる可能性もありますよ!
たるみ改善には顔ヨガなどが効果的です。

 

日々美容には悩みがつきものです。
自分にあった方法で改善していきましょう。

 

緊急速報!

期間限定54%off>>>【プラスキレイ】